日本口腔機能水学会会則

(平成11年3月6日改正実施)

第1章総則
第1条
本会は日本口腔機能水学会と称する。
第2条
本会の事務所は日本歯科大学東京短期大学内に置く。
第2章目的および事案
第3条
本会は歯学及び関連学科における機能水に関する 研究の進歩・発展と知識の普及を図り,国民の保健の増進に寄与することを目的とする。
第4条
本会は目的達成のために次のような事業を行う。
  1. 総会及び学術大会等の開催
  2. 機関誌の発行
  3. その他本会の目的達成のために必要な事業
第3章会員
第5条
会員は正会員,法人会員及び名誉会員をもって組織する。
  1. 正会員は本会の目的に賛同する者
  2. 法人会員は本研究会の発展に協力する法人,又は団体で理事会の承認を得た者
  3. 名誉会員は本会に功労のあった者の中から理事会が推薦し,総会で承認された者
第6条
入会を希望する者は所定の用紙に入会金と年会費を添えて本会事務所に申し込むものとする。
第7条
会員は退会,死亡,年会費の3年以上の滞納等の事由によってその資格を喪失する。
第8条
会員が本会の名誉を傷つけ,または本会の目的に反する行為をしたときは,理事会の議決により除名することができる。
第4章役員
第9条
本会に次の役員を置く。
  1. 会 長  1名
  2. 副会長  1名
  3. 常任理事 若干名
  4. 理事   若干名
  5. 監事   2名
第10条
会長は常任理事会の推薦を受け,理事会の議を経て総会において決定する。
第11条
副会長,常任理事は会長の指名による。
第12条
理事の選出基準は以下の通りである。
  1. 大学(歯学部等〉の講師以上の者
  2. 地域歯科医師会で指導的立場の者
  3. 会員として5年以上の者。
    理事会の承認を受けるものとする。
第13条
監事は理事会で選出され,総会で承認を受けるものとする.
第14条
会長は本会を代表し,会務を統括し常任理事会,理事会,総会を召集し,常任理事会.理事会の議長となる。
第15条
副会長は会長を補佐し,会長に事故ある時はその職務を代行する。
第16条
常任理事は常任理事会を組織し,本会の運営に関する事項を立案し,会務を執行する。会務を執行するために必要に応じて委員会をおくことができる。
第17条
理事は理事会を組織し,総会で議決すべき事項.その他会長から示された重要な会務について審議,決定する。
第18条
監事は会計を監査する。
第19条
役員の任期は2年とし,再任を妨げない。
第5章会議
第20条
常任理事会は会長,副会長及び常任理事をもって構成し,年4回以上開催する。
第21条
理事会は年1回以上開催する。
第22条
総会は全会員をもって構成し,役員の承認,会則の変更,予算及び決算の承認,その他会の運営に関する基本的事項を決定する。
第23条
通常総会は毎年1回会長が召集する。また必要に応じて臨時総会を招集することができる。
第24条
常任理事会,理事会及び総会の議事は出席者の2分の1以上の賛成によって決する。
第6章会計
第25条
本会の経費は入会金,年会費,寄付金及びその他の収入によって維持する。
第26条
本会の入会金,年会費はつぎの通りとする。
  • 正会員入会金 1,000円
  • 年会費 5,000円
  • 法人会員年会費一ロ20,000円(一口以上)
第27条
本会の会計年度は1月1日から同年12月31日までとする。
第7章会則の改正
第28条
本会則の改正は理事会の議を経て,総会においてこれを議決する。